地震関連記事、防災グッズ、耐震住宅、地震雲について考えてミリオネア・・・・アフィリエイト、メールで収入、懸賞で収入、アンケートで収入、生活便利グッズを紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ドスペ!巨大地震は必ず来る」
【 東京が危ない! 】
ロシア国立水理気象学大学の“地震予知科学研究室”では、
 ・気圧配置 ・太陽の磁場活動 ・地盤データ(地質/活断層‥)
を元に世界の地震を 精度70%で予知 しています。

ヴィクトル・ボコフ博士のコメント
危険な気圧配置とは 高気圧が二つあり その間を台風が通過した後
最も地震が起きやすいのです。。

特に東京は その地形から 二つの高気圧の間に割って入ってくる台風は
高気圧を激しく変化させます。
大気が地盤に及ぼす圧力が変化する為に巨大地震を引き起こす可能性が高い。
スポンサーサイト
《警報》

 6月25日(日)午後12時33分、前回の場合と同じく東京・神奈川・千葉・茨城、および東海・東南海・南海のいずれかの地震によって津波の被害が予想される広範囲の地域で波動が警戒レベルまで下がりました。

 これにより、災害が起こる可能性が最も高くなるのは、1日後の6月26日(月)午後12時33分前後となります。(昼の12時33分)

 上記の地域はもちろん、それ以外の地域でも強い揺れと津波に対する十分な警戒が必要です。当日、地下鉄に乗る場合は、特に注意をして下さい。特に名古屋は警戒を要します。災害が起こる可能性が高くなる時間帯では耐震性の高いビル(例えば大型ホテル)の2階以上にいれば比較的安全かもしれません。

 警戒レベルまで波動が下がった地域が必ず1日後に被災するわけではありません。また前回の場合と同様に、波動レベルで災害の回避に向けて強く働きかけている人たちの努力により、今回もまた、回避、延期、または縮小される可能性が十分に考えられます。しかし、これらの地域が警戒レベルを脱出しない限り、警戒を怠らないようにしてください。
すごいです。ネットマイルサイト内のサイトにアクセスしてお買い物したり、メールの受信やアンケートに答えてると、マイルが貯まる。マイルは商品や現金に交換できたりする。登録無料ですよ。!


共通ポイントプログラム・ネットマイル
平成18年06月12日17時52分 気象庁地震火山部 発表
12日17時44分頃地震がありました。
震源地は福島県会津地方 ( 北緯37.4°、東経139.7°)で震源の
深さはごく浅い、地震の規模(マグニチュード)は2.5と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。
福島県 震度1 福島柳津町大成沢
この地震による津波の心配はありません。
[福島県 震度1]の続きを読む
12日午前5時ごろ、大分県中部を震源とする地震があり、大分県と広島県、愛媛県で震度5弱を観測したほか、九州、中国、四国地方の広い範囲で震度4~1を記録した。

 気象庁によると、震源の深さは約146キロ、マグニチュードは6・2と推定される。この地震で、山口、大分、広島、愛媛の4県で7人が重軽傷を負った。また山陽新幹線は、広島発東京行き特急「のぞみ60号」が最大53分遅れるなど上下線が乱れたほか、一部の在来線で運転を見合わせるなど、朝の通勤・通学に影響が出た。

 気象庁によると、この地震は、フィリピン海プレート内部で発生したとみられ、地震波が減衰せずにプレートに沿って伝わり、広範囲に揺れたという。今後、「大きな被害が出る余震はない」としている。
(読売新聞) - 6月12日19時32分更新
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。