地震関連記事、防災グッズ、耐震住宅、地震雲について考えてミリオネア・・・・アフィリエイト、メールで収入、懸賞で収入、アンケートで収入、生活便利グッズを紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ドスペ!巨大地震は必ず来る」
【 東京が危ない! 】
ロシア国立水理気象学大学の“地震予知科学研究室”では、
 ・気圧配置 ・太陽の磁場活動 ・地盤データ(地質/活断層‥)
を元に世界の地震を 精度70%で予知 しています。

ヴィクトル・ボコフ博士のコメント
危険な気圧配置とは 高気圧が二つあり その間を台風が通過した後
最も地震が起きやすいのです。。

特に東京は その地形から 二つの高気圧の間に割って入ってくる台風は
高気圧を激しく変化させます。
大気が地盤に及ぼす圧力が変化する為に巨大地震を引き起こす可能性が高い。
スポンサーサイト
《警報》

 6月25日(日)午後12時33分、前回の場合と同じく東京・神奈川・千葉・茨城、および東海・東南海・南海のいずれかの地震によって津波の被害が予想される広範囲の地域で波動が警戒レベルまで下がりました。

 これにより、災害が起こる可能性が最も高くなるのは、1日後の6月26日(月)午後12時33分前後となります。(昼の12時33分)

 上記の地域はもちろん、それ以外の地域でも強い揺れと津波に対する十分な警戒が必要です。当日、地下鉄に乗る場合は、特に注意をして下さい。特に名古屋は警戒を要します。災害が起こる可能性が高くなる時間帯では耐震性の高いビル(例えば大型ホテル)の2階以上にいれば比較的安全かもしれません。

 警戒レベルまで波動が下がった地域が必ず1日後に被災するわけではありません。また前回の場合と同様に、波動レベルで災害の回避に向けて強く働きかけている人たちの努力により、今回もまた、回避、延期、または縮小される可能性が十分に考えられます。しかし、これらの地域が警戒レベルを脱出しない限り、警戒を怠らないようにしてください。
ウチの女房さまが大騒ぎ!買い物から帰る途中「パパ、でっかい蛇見た!地震くるで、仕事早く終わらせて来なさい。」んなこと言ったって無理っしょ・・・銀座ソニービルで仕事があり、なんと搬入だけで終わってしまった。
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。